妄想雑事録

妄想やら願望やら日々の出来事やらを適当に書いていくらしい。 漫画とパソコン・Webネタがメインかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Aspire one を修理に出してみた。

さて、久しぶりの更新です。
ここのところ、あまりブログの方のモチベーションが上がらないので、
しばらくはまた更新が空くかもしれません。


さて、タイトルの通り、実はAspire Oneを修理に出していました。
本日回収してきたので、その経緯でも書きますね。


11月の頭くらいから、Aspire Oneのファンから異常音がするようになりまして。
回転数が高い時の音ではなく、「ジー」という、羽虫のような音です。
経験から、おそらくCPUファンの軸受けにでも異常が出たのかなぁ、と個人では判断しました。

で、これを修理に出すかどうかですが。
このくらいの故障だと、場合によっては「仕様です」と言われて、
全く修理されずに戻ってくる可能性もあります。
でもまぁ、どうせ保証期間内で無料ですし、
あくまでサブマシンで一時的に手元になくても特に問題もなく、
Acerのサポートの様子を伺う意味でも興味があったので、
ビックカメラ経由で修理に出すことにしました。

出す際に、ビックカメラの人から、
「ただいま大人気でサポートも混雑していて、3週間程度かかってしまいますが、よろしいですか?」
と言われました。
たしかに、ここのところのUMPC人気を考えると、大変混雑してそうです。
まぁ、1ヶ月くらいは帰ってこない覚悟で出してみましたw


で、全く音沙汰なかったんですが、
数日前にビックカメラから、
「修理完了したので、取りに来てください」
という連絡があったので、今日回収してきました。

結局、修理にかかった時間は3週間ちょっとみたいでした。
みたい、というのは、書類上はそうなっているという話で、
実際はビックカメラからAcerに送る時間と、
修理完了してからビックカメラに返送されるまでの時間が加わって、
4週間弱という感じでした。
まあ、事前に聞いていた通りだったので、特に問題ないですが、やはり時間はかかりましたね。
その辺は間違いなく、国内のメーカー製のUMPCの方が早く返ってくると思いますね。

で、戻ってきたAspire Oneですが、ファンはちゃんと修理してくれてました^^
ところが修理されたのはファンだけではないようで、修理伝票を見ると、
「CPUファンとメインボード不具合のため、同部品を交換いたしました。」

ん・・・?メインボート?
考えられるのは。。。

1.本当にメインボードにも故障があり、直した。
2.故障の主因が、ファンとメインボードの干渉だったため、まとめて交換した。
3.ファンだけ交換するより、まとめて交換した方がコストに見合うから。
4.一部で報告されている、起動しなくなる問題の対処のために交換した。

あたりですかね?
まぁ、どれにせよ、ちゃんと直してくれたので、不満はないですけどw


と、まぁそんな感じ。
Acerの修理サポートの感想としては、
時間はかかる物の、対応自体は満足のいく結果である。
という感じですかね~
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。