妄想雑事録

妄想やら願望やら日々の出来事やらを適当に書いていくらしい。 漫画とパソコン・Webネタがメインかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

[Aspire One] タッチパットとクリック

さて、Aspire Oneを使い始めて10日ほど経ちます。


さて、以前書いた通り、
個人的にはAspire One最大の難点?とも思われる、
押しづらいクリックボタンには慣れました。

というかやはり、
左クリックボタンを押さずに、タッチパッドのタップをメインに使うという形で、ですね。

押しづらいのは変わりませんが、押さなくなりましたw


右クリックはタッチパッドで代用できないため、
右クリックを利用するときだけは、まだ慣れないですね。

もっとも、右クリックの動作は、
キーボードのアプリケーションキー(Menuキー)で代用できることが多い
ので、
そちらを利用して右クリックの必要自体を減らすと、使い勝手があがると思います。


なお、タップを左クリックの代わりとして使う場合、
標準の設定だとドラッグ操作がやりずらい
と思います。
(ダブルタップの2回目を指をつけたまま移動するとドラッグになるが、
タッチパッド自体が小さいため、予定の距離を移動する前にパッドの端に指がきてしまい、
予定のドラッグ操作が終わる前にドラッグ操作を解除する羽目になる。)

そのため、タッチパッドの設定から、
ドラッグロックをONにすると良い
と思います。
これをONにすると、ドラッグ操作中にタッチパッドから指を離してもドラッグが解除されずに、
狭いタッチパッドでも好きな距離だけドラッグしたまま移動させることができます

移動させたい距離を移動したら、あとはパッドをタップすれば、ドラッグが解除されますよ。


こんな感じで、Aspire Oneのタッチパッド周りには慣れ、不満らしい不満はないですね。
人によるとは思いますが、私に関していえば、
クリックボタンがサイドにいって、その分タッチパッドが大きいのは、
欠点どころか利点とも思えるようになりましたよ~

なお、キーボードは元々満足して買ったので、やはり快適ですよ。

#追記(090113)

「タッチパッドに右クリックが割り当てられない」と上では書きましたが、
タッチパッドの四隅に割り当てられる機能のなかに右クリックもありました^^;;

なので、今はそれで右クリックを割り当てました。
もう完全に左右クリックにはさわりませんw
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

タッチパッドの右端について

初めまして。レインメーカーと申します。
不躾ですみませんが質問があります。aspire oneを実際に使っている方にお伺いしたかったのですが、タッチパッドの右端幅6mmくらいが無反応なのは仕様なのでしょうか?wikiにデバイス設定のことが出てましたが、それで改善するようにも思えないのですが。

レインメーカー | URL | 2009年01月13日(Tue)02:06 [EDIT]


確認してみました。

こんにちは、レインメーカーさん。

タッチパッドの件、私のAspire Oneにて確認してみました。
その結果、私の物も右端は反応しないかな?と感じました。
が、ふと思いついて左手で操作してみたところ、今度は左端が反応しないように感じ、右端まできちんと操作できるように感じました。(私は右利きなため、最初は右手で操作していました。)

なので、質問の件はAspire Oneのタッチパッドが感圧式なことから来る操作感のせいである可能性があります。試しに左手で操作してみてください(左利きでしたらごめんなさい)。

とりあえず、こちらで確認できたのはそのくらいですね。

直輝 | URL | 2009年01月13日(Tue)03:12 [EDIT]


ありがとうございました

早速のお返事ありがとうございます。
仰るとおり左手で操作したところ、右手で操作した場合と比較して右端の反応が良く(ていうか普通で)、今度は左端が無反応のような印象を受けました。タッチパッドの感知部分が左右差ではなく単純に周囲均等に若干狭いだけかも知れません。
また、僕のだけに特有の現象ってことでもないようですね。気になっていたので大変参考になりました。ありがとうございました。

レインメーカー | URL | 2009年01月13日(Tue)10:58 [EDIT]


解決したようで良かったです^^

直輝 | URL | 2009年01月13日(Tue)18:14 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。