妄想雑事録

妄想やら願望やら日々の出来事やらを適当に書いていくらしい。 漫画とパソコン・Webネタがメインかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

入社前にもう1台

と思って、今日秋葉原に行ってきた。
PCのことですw


今日は天気が悪かったんですが、
私が出かけてる間はそれほどひどくなかったですね。
中央線とかも数分程度の遅れしかなかったし。
もっとも、総武線はかなり遅れてましたが。


秋葉はいつもに比べるとかなり人が少なかったです。
感覚的にはいつもの50%以下の人しかなかった気がします。(適当ですが

特価品狙いとしては少し遅めの10時くらいに着いたのですが、
TWOTOP(11時開店)の2名限定の特価品、
「Phenom Ⅱ X4 810」が\9,999で買うことができました。
これも天気のおかげですね~
ネット最安でも\17,700程度なので、かなりお買い得です^^

720 X3 BE の方を買って4コア化とかOCとかで遊ぶ予定でしたけど、
この価格にはあらがえませんでしたw


久しぶりの更新ですが、このブログはどうするかなぁ。。。
まぁ、ぼちぼち考えますか。

スポンサーサイト

PageTop

修論執筆中。。。だけど。。。

秋葉原に出かけたり。

で、こんなものを購入したり。



いや、ゼミに出るついでに行ったんですけどね^^;;

PageTop

Aspire one を修理に出してみた。

さて、久しぶりの更新です。
ここのところ、あまりブログの方のモチベーションが上がらないので、
しばらくはまた更新が空くかもしれません。


さて、タイトルの通り、実はAspire Oneを修理に出していました。
本日回収してきたので、その経緯でも書きますね。


11月の頭くらいから、Aspire Oneのファンから異常音がするようになりまして。
回転数が高い時の音ではなく、「ジー」という、羽虫のような音です。
経験から、おそらくCPUファンの軸受けにでも異常が出たのかなぁ、と個人では判断しました。

で、これを修理に出すかどうかですが。
このくらいの故障だと、場合によっては「仕様です」と言われて、
全く修理されずに戻ってくる可能性もあります。
でもまぁ、どうせ保証期間内で無料ですし、
あくまでサブマシンで一時的に手元になくても特に問題もなく、
Acerのサポートの様子を伺う意味でも興味があったので、
ビックカメラ経由で修理に出すことにしました。

出す際に、ビックカメラの人から、
「ただいま大人気でサポートも混雑していて、3週間程度かかってしまいますが、よろしいですか?」
と言われました。
たしかに、ここのところのUMPC人気を考えると、大変混雑してそうです。
まぁ、1ヶ月くらいは帰ってこない覚悟で出してみましたw


で、全く音沙汰なかったんですが、
数日前にビックカメラから、
「修理完了したので、取りに来てください」
という連絡があったので、今日回収してきました。

結局、修理にかかった時間は3週間ちょっとみたいでした。
みたい、というのは、書類上はそうなっているという話で、
実際はビックカメラからAcerに送る時間と、
修理完了してからビックカメラに返送されるまでの時間が加わって、
4週間弱という感じでした。
まあ、事前に聞いていた通りだったので、特に問題ないですが、やはり時間はかかりましたね。
その辺は間違いなく、国内のメーカー製のUMPCの方が早く返ってくると思いますね。

で、戻ってきたAspire Oneですが、ファンはちゃんと修理してくれてました^^
ところが修理されたのはファンだけではないようで、修理伝票を見ると、
「CPUファンとメインボード不具合のため、同部品を交換いたしました。」

ん・・・?メインボート?
考えられるのは。。。

1.本当にメインボードにも故障があり、直した。
2.故障の主因が、ファンとメインボードの干渉だったため、まとめて交換した。
3.ファンだけ交換するより、まとめて交換した方がコストに見合うから。
4.一部で報告されている、起動しなくなる問題の対処のために交換した。

あたりですかね?
まぁ、どれにせよ、ちゃんと直してくれたので、不満はないですけどw


と、まぁそんな感じ。
Acerの修理サポートの感想としては、
時間はかかる物の、対応自体は満足のいく結果である。
という感じですかね~

PageTop

WHS

セカンドマシンにインストしたWHSですが、今のところ順調です。
まだバックアップ機能とかは使っておりませんが。。。


インストして少し利用した感じでの感想は、

「共有フォルダなどの設定が簡単にできるWindowsXP」

って感じ。

実際、ドライバとかWindows XPのやつを流用できますからね。


リモートデスクトップのサーバ側になれますから、
Windows XP Proに近い感覚かな。
値段も似たような(2万超)ものですし。


共有フォルダの作成は非常に簡単で、エラー(うまく共有できないとか)もすくないです。
これだけ手軽にできると買った甲斐がありますね。


ドライブエクステンダー機能や、他のPCのバックアップ機能に関しては、
明日あたり秋葉原でHDDを購入してきて追加する予定なので、
それからの評価ですね。
現在のところ非常に満足してますので、
これらの機能の出来にも期待です~

PageTop

Windows Home Server 日本語版

を購入いたしました。


購入動機は、5台以上あるパソコンのバックアップなどの管理をしたいから。
さすがにこれだけあるとバックアップは面倒です。
しかも、うち半分は私が使っているわけではないので、
さらに面倒が多いのです。。。

インストールは、セカンドマシン(省電力版Athlonマシン)にする予定、
というか、現在インスト作業中。
Atom自作も考えましたが、Windows Home Serverのポテンシャルもよくわからないし、
AtomだとHDDなどのストレージを追加するためにさらに出費がかさむ
(SATAポートが少ない)ため、まぁとりあえずセカンドマシンにインストでいいやと。


導入して管理が簡単になることに期待です。

PageTop

[Aspire One] タッチパットとクリック

さて、Aspire Oneを使い始めて10日ほど経ちます。


さて、以前書いた通り、
個人的にはAspire One最大の難点?とも思われる、
押しづらいクリックボタンには慣れました。

というかやはり、
左クリックボタンを押さずに、タッチパッドのタップをメインに使うという形で、ですね。

押しづらいのは変わりませんが、押さなくなりましたw


右クリックはタッチパッドで代用できないため、
右クリックを利用するときだけは、まだ慣れないですね。

もっとも、右クリックの動作は、
キーボードのアプリケーションキー(Menuキー)で代用できることが多い
ので、
そちらを利用して右クリックの必要自体を減らすと、使い勝手があがると思います。


なお、タップを左クリックの代わりとして使う場合、
標準の設定だとドラッグ操作がやりずらい
と思います。
(ダブルタップの2回目を指をつけたまま移動するとドラッグになるが、
タッチパッド自体が小さいため、予定の距離を移動する前にパッドの端に指がきてしまい、
予定のドラッグ操作が終わる前にドラッグ操作を解除する羽目になる。)

そのため、タッチパッドの設定から、
ドラッグロックをONにすると良い
と思います。
これをONにすると、ドラッグ操作中にタッチパッドから指を離してもドラッグが解除されずに、
狭いタッチパッドでも好きな距離だけドラッグしたまま移動させることができます

移動させたい距離を移動したら、あとはパッドをタップすれば、ドラッグが解除されますよ。


こんな感じで、Aspire Oneのタッチパッド周りには慣れ、不満らしい不満はないですね。
人によるとは思いますが、私に関していえば、
クリックボタンがサイドにいって、その分タッチパッドが大きいのは、
欠点どころか利点とも思えるようになりましたよ~

なお、キーボードは元々満足して買ったので、やはり快適ですよ。

#追記(090113)

「タッチパッドに右クリックが割り当てられない」と上では書きましたが、
タッチパッドの四隅に割り当てられる機能のなかに右クリックもありました^^;;

なので、今はそれで右クリックを割り当てました。
もう完全に左右クリックにはさわりませんw

PageTop

今日は秋葉原にー

さて、購入したAspire Oneですが、
細かい点ですが非常にもったいない残念な点がありますね。

いろんなレビューで言われてますが、
それはACアダプタのケーブルの大きさ。



本体の方は結構小さいのに、コンセントにつなぐケーブルがでかすぎw
かなり場所をとります。
しかも3つ穴のミッキーケーブルなので、
家にあるメガネケーブル(2穴)とかに交換するわけにも行かないし。


というわけで、今日大学に用事があったついでに秋葉原によって、
このケーブルの代わりを買ってきましたー

購入店は、ここ。ジャンクパーツのお店。
ACアダプタ自体なんかもたくさんあります。


で、購入下のがこちら。


ミッキーを直接コンセントに変換するアダプタですね。\100です。
非常にお安く買えました。


で、アダプタに付け替えたのがこちら。


非常にすっきりしましたねー
サイズが半分以下ですw

直接コンセントに指すと不安定になりそうなのが怖い方もいるかもですが、
ACアダプタ本体が比較的軽いので、そこまで不安定でもないです。
まぁ、不安定さが気にならない方は、安い投資ですし、
購入の検討をお勧めしますよ~

PageTop

Aspire one を選んだ理由。

なんでUMPCの中で、Aspire Oneを選択したか、簡単に解説。


まず、CPUはatomであることが第一条件。
ニコニコ動画など、そこそこCPUパワーを食うサイトとかもみる予定なので、
C7やGeodeなどのCPUではおそらく役不足。

そのため、HPや工人舎のUMPCは基本的に候補から外れます。


次にディスプレイとかですが、解像度が同じなら、本体サイズを考えて、
ディスプレイは小さい方が良い
と考えました。
そのため、10.2インチタイプのU100とかが選外です。
もっとも、これは人によるでしょうね。
大きいディスプレイの方が良いという方はU100などは良い選択肢になると思います。


だいたいこの時点で、ASUSのEeePC 901とか、AcerのAspire One、DELLのMini 9や
GIGABYTEのM912Xとかに絞られます。

さらに絞り込むと、
DELLのMini 9は、EeePCと同じ低容量SSDを採用していますが、
バッテリー駆動時間とかの面で、EeePCほどの魅力を感じません。
DELLは大手の安心感があるかもしれませんが、自作PCを趣味としている私には、
マザーボードとかを良く利用するのでASUSの方がなじみがありますしねw

また、GIGABYTEのM912Xは他の物と違って、
コンパーチブル型のタブレットPCで、その分少し重く、値段も高めです。
タブレットPCにも惹かれますが、そこまで使うかわかりませんし、
なにより在庫があまりなさそうで、すぐ買えないぽいのでこれも候補からは外れました。

なので、私の中では、早い段階からEeePC 901とAspire Oneの一騎打ちでしたね。


記事が長くなったので、続きは次の記事で~

PageTop

UMPC購入検討中。

UMPC、あるいはNetBookの購入を検討中です。

デュアルコアatomが出るまで待とうかと思っていたのですが、
どうもノート用の物が出るのは来年になりそうなので。

早ければ1週間以内くらいに買ってしまうかもしれません。
・・・買わないかもしれませんw

PageTop

IntelのSSDが早いなぁ。

詳しくはこの記事を見てもらうとして、
平澤寿康の周辺機器レビュー

Intelがこのたび発表したMLCタイプのSSDですが、
MLCであるのに、ランダムライトが既存のSLCタイプのものと比べても高速です。
ランダム4kが57MB/sですからねぇ。。。
これは現在一般的に出回っているSSDからすると、驚異的な速度ですね。

HDDと比較した場合の弱点、といわれていたランダムライトが、ここまで高速化すると、
ほんとにHDDは性能面ではSSDにかなわない、という感じですね。


もちろん、SSDにはまだ、コストと寿命の弱点がまだ残っているので、
すぐにHDDに変わるとは思えませんが、
ノートパソコンでは思ったより早く浸透するかもしれませんね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。